江戸川花火大会の有料席はあるの?バスの混雑は?見やすい場所と屋台は

新小岩駅よりバスを使用し、夫と一緒にきました。江戸川花火大会では有料席はありません。
河川敷は当日のみ場所取りをすることができます。近隣に公園などもあるため河川敷まで
行かなくても公園でシートを敷いてゆっくり鑑賞することも可能です。

アクセスする際はバスを使用しましたが新小岩駅からバスに乗車する際はそこまで
混雑しているように感じませんでした。
警備や誘導の方はバス停に立っていて花火大会方面行きのバスを案内していました。

電車を使用する際は結構混んでいたように見えます。

会場周辺は交通規制があるので車を使用するのはお勧めできません。

実際車で行ってもあまり近くには停められないと思います。
周りを見てもバスか電車か近隣より徒歩か自転車の方が多く見受けられました。

混雑に巻き込まれないように1時間半ほどまえに到着するように行きましたが
会場はすでに人でいっぱいでした。シートを引くところも結構少なかったです。

都京都内でも人気を誇る花火大会であり、近隣に住んでいたためせっかくの
機会なので行こうと思いました。

会場はたくさんの人で盛り上がっていて、地元に愛されている花火大会であると感じました。

アクセスも良いとこであるため東京と千葉のどちらからも観覧客が沢山来ているようでした。
大人数での宴会をしているグループからカップルまで様々な客層の方がいました。

一番見やすいのは河川敷の打ち上げ場所付近です。

1〜16まで番号が振られているのでその中のエリアで場所取りすると良いと思います。
花火は圧巻で絶え間なく打ちあがってくる迫力に圧倒されました。
花火の演出もとても豪華です。昨年はナイアガラがとても豪華で驚きました。

音楽に合わせて打ち上がるのでテンションも上がるし、またテーマ別に演出が変わるので
飽きずに楽しむことができました。同日に反対側の河川敷では市川花火大会が行われます。

遠目ではありますが同時に2つの花火大会を見ることができるのも
魅力の一つだと思います。

河川敷は日を遮るものがないので早くから場所取りをする際は日差しを
防げるものがあると良いです。

日傘やタオルは必須です。また暑さ対策のため冷却スプレーもあると
良いと思います。虫はそんなに多くなかったですが念のため
虫除けスプレーも使いました。

私たちの場合は新小岩駅から向かう際に食事や飲み物を調達して向かいました。
新小岩駅周辺は南口にルミエールという商店街があり飲食店やその他お店が
沢山軒を連ねています。

また西友などの大型スーパーもあるのでそこでお惣菜なども買うことが
可能でした。

打ち上げ会場に近づくほど人も多く、買い物もスムーズにできない状況になると
思うので近隣の駅で降車し必要なものを調達しても良いかもしれません。

会場付近でも焼きそば、たこ焼き、かき氷などの出店も見かけました。
私たちも近くのバス停から降りて河川敷に向かうまでに暑くて喉も渇いたので
会場近くのかき氷を見かけた時すぐに買いました。

出店もちらほらあるので活用するのも良いと思います。
打ち上げ会場のすぐそばの河川敷はかなりの混み合いがあるので少し離れますが
篠崎公園でシートを引いてゆっくり鑑賞するのも良いと思います。

ただ、この公園は地元の方々に人気のスポットなので早めに行かないと場所取りできないかもしれません

コメント

タイトルとURLをコピーしました