調布花火大会のおすすめ情報 穴場やはなぎが綺麗に見れる場所は?

調布花火大会に行ってきました

2019年9月7日、自宅からはバスと電車を乗り継ぎ向かいました。
自宅から2歳の娘を連れ、会場最寄り駅の京王多摩川駅で
父と待ち合わせ、場所取りをしてもらっていたところまで移動しました。

花火の打ち上げ開始の18:30頃に駅に着いたため、既に駅構内から
大混雑していました。
歩道も規制がかかっていたため、流れに沿って歩くしかなく、
なかなか前に進むことができたようです

父は毎年来ているからか抜け道を熟知していたので、
花火が打ち上がっている

間に母が待つ場所に到着できました。

既に花火大会も折り返しを過ぎてしまっていたので、ゆっくり見られたのは
20分程でしたが、風も丁度良い程度に吹いていたためとても綺麗に
観賞できました。

場所取りは14時頃からしていたらしく、無料の場所にしてはとても
見晴らしの良いところで見られました。

帰宅は一斉だったからか、行きよりも帰りの方が大混雑していて、足の踏み場も
見えないほど人と密着しながら駅まで向かいました。

調布花火大会の感想やおすすめは?

当日の12時頃に父から「花火大会の場所取りに行くけどくる?」と
連絡があり、娘も父と母に会いたいと言うので行きました。

多摩川の河川敷での開催のため、出店がとても多く、お好み焼きや
クレープなどのお馴染みのものからインスタ映えを重視したわたあめや
チーズドックのような真新しいものもありました。

17時頃からは出店に並ぶ列も長くなり、購入するのも一苦労だったと聞きました。
駅から向かう途中でも路面店を出している店や住民がいたみたいです。

調布の花火大会は他の花火大会に比べて開催時期が遅いため、
ちょうど過ごしやすい気候なので小さな子供やお年寄りまで足を
運びやすいです
また、道路の整備も時間によって計画的に行われるので近隣の方への
配慮もしっかりされている様にで危険性は感じません

花火も色鮮やかなもの、大胆で迫力のあるもの、伝統的なもの、
音楽に合わせた新感覚のものと、最初から最後まで見ていて飽きのこない
内容ですごくよかったですよ

調布花火大会の穴場情報

調布はデカ盛りの町としてPRをしています。
実際にテレビの特集や、大食い大会などでも取り上げられています。
また、調布駅もここ10年での発展が着々と進んでいて
便利になってきました。

昔ながらのお店や、ファーストフードやファミリーレストランも
だいぶ充実してきました。
パルコや西友など大型の店もあり、時間がある方はお昼を調布駅で過ごし、
河川敷で場所取りをしてから出店を楽しんでから花火を見るのも
楽しいと思います。

川の近くなので虫除けは必須ですが、夜からの開催なので
比較的に日中よりは暑さも和らいで過ごしやすかったです。

花火大会関連で、近くに多摩川があるため橋がいくつもあります。
場所取りをしていない、帰宅ラッシュを避けて早めに出たい場合、
近くの橋を通ってみるのも良いと思います。

規制されているので立ち止まることはできませんが、歩きながら花火を
見ることができるんです
また周辺に高いビルも少なかったり、対岸の方は比較的に人混みが
少ないので、花火を見ながらの散歩も良いかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました